smile999

好き勝手に書くのほほん日記です(^o^;)!
iPhone、Androidの人気サイト・アプリの紹介♪
ファッション、カラコン、コンタクトレンズなどを買える通販サイトも紹介( v^-゜)♪
なんでもありですが(~_~;)よろしくです☆
見てくれた方々、ありがとうございます!!!
<< 「iPhoneだねって言われた。どっちのことだろう」 | main | iPhoneに全俺が泣いた >>
ランボー 怒りのiPhone
0

    iPhoneの原点へ。

    昨日の相談に対して。
    みなさんが本気で答えてくれているのに、本当に胸が熱くなる。
    厳しい意見も多かったですが、それは本気だからこそ。
    厳しい本音を言ってくれる人って意外と周りになかったりするから。
    参考になったでしょうか?
    皆さんありがとうございます!


    で、今日は・・・・昨日の、妻が開催してくれた僕の舞台、お疲れ慰労会。
    そこで3人の写真を撮ろうということになり。

    ディズニーランドに行った時以来3人の写真、撮ってないねと。

    意外と親子3人の写真って、意識しないと撮らなかったりして。

    そんで撮影したんですが・・・
    今日は珍しく、写真でこのブログを構成していきましょう。

    まず一枚目。



    母親の目を隠しちゃった。


    二枚目。



    もっと母親の顔を隠しちゃった。


    三枚目。


    父親の顔が結構隠れちゃった。


    四枚目。


    舌出しちゃった。


    5枚目。


    これでよし!!


    という感じで。
    自撮りでやってみました。
    いい感じではないでしょうか?

    こういう日常の親子写真もやっぱりいいなと。笑福はテンション高く。

    なんだか。
    なかなかご飯食べてくれませんでした。そういう時は、
    僕が「食べちゃうぞーーーー」というと急いで口に入れます。
    この作戦が効くときと効かない時がある。


    今日は聞きます。
    子供とご飯に行き・・・外食で
    なかなか食べてくれないとき。
    どんな作戦使いますか?
    使ってましたか?
    教えてください。

    アプリ「ホッコリ」
    カテゴリー「ぱちくん」沢山の方に見ていただいてます。
    なんかね。途中から胸が締め付けられる気持ちになる。
    この写真を見ていると、寝ている子供や妻をギュっとしたくなる。

    ★アプリ「ホッコリ」

    iphone版は・・・
    ▼Apple Store(iOSの方)
     
    アンドロイド版は・・・
    ▼Google Play Store(アンドロイドの方)
     

    日本から「iPhone」が消える日

    下書き保存しながら少しずつ書いていたんだけど、「そういえばこんなんことも」とどんどん長くなってしまうので、とりあえずは流れをざっくりと書くことにした。

     

    それでも長くなってしまった。

     

    今後細かい話を追加するかも。(書くのが辛くてできないかも^^;)

     

     

     

     

     

     

     

    今までの記事

     

     

     

     

     

     

     

     

    読む人によっては不安や不快になる人もいるかもしれない。
     
    でも、あくまで私の兄の事例として読んでもらえればと思う。
     
     
     

     注意 死の表現があります。苦手な方は読まないでください。
     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    留年した兄はなんとかトップ校を卒業。

     

    でも志望校に落ちて浪人。

     

    高三の進路決めの時に兄は「アニメクリエイターになるための専門学校に行きたい」と言い出し、父に「専門学校は就職で不利。男は4年制大学にいっておいた方がいい」と言われ専門学校を諦めて大学受験した経緯がある。

     

    一年間予備校に行き、第一志望ではないであろう大学に合格。

     

    (兄からしたら底辺大学くらいの位置だっただろうけど、私の高校の同級生はこの大学に受かって喜んでいた。)

     

     

     

     

     

     

    大学三年生くらいの時だっただろうか。

     

    母が通っている精神病院に兄が受診に行ったことを母から聞いた。

     

    兄はだいぶ前から被害妄想がひどくなっていて、視線恐怖がひどかったと後から兄に聞いて知った。

     

    そして受診するきっかけとなったのは妄想。

     

    『妹の私が兄の部屋に盗聴器を仕掛けたんではないか』という妄想があり

     

    「妹はそんなことをしない」と兄は思い受診する決心が出たらしい。

     

    兄が私のことを信用してくれて良かった。

     

    もちろんそんなことするはずないし^^;

     

    その頃は私も自分の大学生活が楽しくてあまり家族と関わりがなかったから驚いた・・・。

     

    今思えばだけど、これは二次障害だったんだろうな・・・。

     

    アスペルガー(自閉症スペクトラム)であることに気付かず、何の対策も支援もなく、普通の子として過ごしてきて二次障害になってしまったんだと思う。

     

    だから、兄の精神病は生涯治ることはなかった。

     

     

     

     

     

     

    大学には行けず、精神病の薬を飲み、ずっと寝ていた兄。

     

    薬の副作用でろれつが回らなくなったり、太っていってどんどん変わっていった。

     

    その時は自殺願望が強かった気がする。

     

    でも薬で考える事すらできなくなっていたとか・・・。

     

    薬を飲まなくても辛い、飲んでも辛い、という感じ・・・。

     

    見ていて辛かった。

     

    でも自殺するよりは良いし、しばらくしたら回復するのかと思っていたけど、結局大学を中退しその後の数年は引きこもりになってしまった。

     

    この時期に、アスペルガーであることが分かっていたら・・・・違う未来があったんじゃないかと思えてならない。

     

    最初の薬は仕方がないとしても、その後はもっと違う治療法があったんじゃないかと思う。

     

    ただ親が親だったので(母は精神病、父はDVとモラハラで聞く耳なし)親の協力は期待できないし、親元から早くに離した方が良かったのかもしれない。(それも現実的には難しかったけど・・・なんせ親に危機感と行動力がなかった)

     

    精神病の薬は、当時の自殺願望を止めたという意味では効果があったけど、結局根本的な解決にはなっていなかった。

     

    ずっと精神病の薬を飲み続け、兄はゆっくりと兄ではなくなっていった気がする。

     

    それが薬にせいなのか、自己肯定感が低くなりすぎたせいなのか、精神病のせいなのか、すべて関係あるのか、私には分からない。

     

    ただゆっくりと、十数年かけてゆっくりと兄は死んでいったように思う。

     

     

     

     

     

     

     

    細かく覚えていないけど、作業所に行ったり作業所つながりでバイトのような次のステップの支援を受けたりしていたけど、結局どこも人間関係に疲れて行ったり辞めたり、友達もできたりいなくなったりしていた。

     

    その間に何人か彼女がいた。

     

    出会い系で知り合っていたらしい。

     

    遠距離で何年も続いていたが、別れた後はすごい落ち込みようだった。

     

    振られることもあったけど、どうしても相手のある部分が受け入れられなくて兄の方から別れを切り出すこともあったようだ。

     

    私が覚えているのは二人。

     

    会った事がある。

     

     

     

     

     

     

     

    兄は自分で言っていたが嘘をつくらしい。(普通そんなこと周りに言わないよね^^;妹だからいったのかもしれないけど)

     

    「なんか嘘をついてしまう」そうで、理解不能。

     

    私にも嘘を言っていたらしく(どんな嘘かは教えてくれなかった)、何がどこまで本当かは分からない。

     

     

     

     

     

     

     

    引きこもりといっても、本当に精神的に下がって外にも出られなかったのは2・3年くらいだっただろうか。

     

    不調でない時は会話は出来ていたし、母と日中おしゃべりしたり、趣味のコーヒーを淹れて楽しんだり、たまに私が家にいるときは誘ってくれて一緒にコーヒーを飲んだりと、それなりに楽しく過ごしていたように見えた。

     

    でも母とは距離が近すぎたかなぁ。

     

    今思えば共依存の状態だったかもしれない。

     

    母は兄を助けているつもりで、でも自分の傍に置いておきたかったのではないか。

     

    兄も、母にかまってあげているつもりで、お互いが自立できずにいた。

     

     

     

     

     

    そんな中、私は大学を卒業し就職して家を出た。

     

    (家にいたくなかったので、家から出られそうな仕事を選んだ。)

     

    仕事が激務で家のことどころではなく年末年始に帰る程度だった。

     

    でもその頃は兄も母もそんなに悪い状態ではないようだった。

     

    (久しぶりに帰省しても母は布団を干したり毛布を出したり等の出迎える準備を一切してくれていなかったり、お土産で買っていったものを兄にいらないと言われたり、不快に感じることは多かったけど)

     

    兄と母は父を嫌っていたので、共通の敵がいる事で落ち着いていたのかもしれない。

     

     

     

     

    私は結婚して仕事を辞めた頃。

     

    父 対 兄母 はさらに溝を深めていた。

     

    兄と母が言うには、二人の障害者年金のほとんどを父が生活費として奪う。

     

    父は家事をあまりせずにパチンコに行っている、と。

     

    そのことに不満を感じていた。

     

    私もその話を聞いて父に頭にきて、大喧嘩し、父と絶縁状態が数年続いた。(その後父はパチンコに行くのをやめたらしい)

     

    その間たくまが生まれたが、父には会わせず、兄と母にだけたまに顔を見せに行っていた。(兄と母に私と父との仲を取り持とうなどの動きは一切なし)

     

     

     

     

     

    なんのきっかけだったか、たくまを父に会わせることになりうやむやのまま和解。

     

    たくまが2・3歳の頃だったかな。

     

     

     

     

     

     

     

    兄はずっと作業所に通っていて、B型支援を経て、A型支援というのを利用できるようになったと聞いた。

     

    A型支援で時給をもらえるバイトのようなものをするようになった。

     

    その後、母が亡くなり、父と兄が2人で住むことになった。

     

    兄は仕事を休んだりして迷惑をかけながらA型支援を続けていたが、とうとう契約更新?してもらえなくなって仕事を辞めた。(この時の仕事を休んでいた理由がまた変で、別記事で改めて書けたらと思う)

     

    そして、母が亡くなって1年くらい経った頃、事件は起こった。

     

     

     

     

     

    兄が父に暴力をふるって、父が重傷だと言うのだ。

     

    幸いなことに命の危険性はなかったが、肋骨が何本か折れていて、肺を傷つけていたらしく、一歩間違えば危なかったそうだ。

     

    骨折以外にも、父の腕や足に、ありえないくらい大きな血の塊があった。

     

    どうやったらこんなひどいことが出来るの?と目を疑うくらい、大きな傷。

     

    あんな傷は、見たことがない。

     

     

     

     

     

     

     

    兄は警察に連れていかれて、拘置所にいた。

     

    私は兄の国選弁護人に言われて服や財布を届けに面会に行ったが、容疑者の家族として警察からは冷たい扱いを受けた気がする。

     

    被害者の家族でもあったんだけどね・・・。

     

    事件にかかわることは話しちゃいけないルールらしくて、ハッキリとそんなことをした理由は聞けなかったけど、兄なりの理由があるような口ぶりだった。

     

    理解してもらえないだろうからもういい、みたいな。

     

    父から聞いたのは、以前から兄が父にお金をせびることがあったらしい。

     

    その際に中三と高三の時に進路を変えられた恨みも言われて、父は謝り和解したはずなのに(この話は兄からも聞いていて話が出来たとスッキリしていた)、その後も何度も言われたり、そのことでお金を払えと言われたりしていたようだ。

     

    父は毎月何万か兄に渡していたらしい。(父は納得していなかったが、兄の暴力が怖くて)

     

    今回は毎月の分とは別に、「とりあえず〇万貸して」といわれたらしく、「とりあえずってなんだ?(毎月渡しているのに・・・)」とズルズルお金を奪われるのが分かったから抵抗していたら暴力を受けたと・・・。

     

    兄から棒で殴られたらしい・・・。

     

    還暦を過ぎたガリガリに痩せた父を、太った兄は棒で殴ったと・・・。

     

    今までは血が出るくらいで時間が経てば傷は治るからいいと思っていたが、今回は殺されるかと思ったらしい。

     

    朝起きた時に痛みに異常を感じて、貴重品を鞄に入れてまず警察に行ったらしい。

     

    警察で話しをしていると痛すぎて、病院へ連れて行ってもらい、即入院が決まった。

     

    その後の面会で、兄は、どうせ分かってもらえないだろうから。と言っていた。

     

    兄の気持ちなんて、分かるはずがない。

     

     

     

     

     

     

    私は反対したんだけど、父は兄を犯罪者にしたくなくて被害届を取り下げ、不起訴になった。(釈放になる)

     

    兄は『実家には帰らないで公的な支援を受けて自立すること』を弁護士さんを通じて誓約書に書いて父に約束したのに、拘置所を出た後に弁護士さんとの待ちあわせ(弁護士さんが手続きに付き添ってくれようとした)に来ず、実家に帰ってしまった。

     

    父と兄が鉢合わせしたら次は殺されるんじゃないかということで、父は有料の老人ホームに入所し様子を見た。

     

    1年近くその宙ぶらりん生活が続いていたある日。

     

    突然。

     

    兄が亡くなった。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    遺書はなかった。

     

    おそらくお金が尽きたんだと思う。

     

    贅沢をしなければ暮らせたはずなんだけど・・・。

     

    精神病で障害者年金をもらっていたから、月に6万くらい?は自由になったはず。

     

    実家だから家賃はいらないし光熱費は父の口座から引き落とされていたから、食費と日用品費だけで月6万。

     

    十分だったはず。

     

    しかも父は兄のためにネット代も払っていた・・・・。

     

    兄はなぜかiPhoneやiPadを大手キャリアで契約して最新のものを持っていた。(ローンはまだまだ残っていた)

     

    そんなことしていたら破産するよね・・・。

     

     

     

     

     

    偏差値がいくら高くても、学生時代は問題を起こさなくても、こういう結果になることが、ある。

     

    「頭が良いから大丈夫」

     

    「学校で問題を起こさなかったら大丈夫」

     

    「とりあえず親が言ったことをしておけばいい」

     

    「良い高校、大学、会社に入れば安心」

     

    そんなことは、ない。

     

    正直、兄にどうしてあげたら違う未来があったのか私には分からない。

     

    いや、思うところはあるけど、妹という私の立場では無理だった。

     

    やっぱり、親、なんだよね・・・。

     

    父も、どう育てたら今みたいにならなかったんだろうかと、きっと一生自問自答するんだと思う。

     

    心のうちは話さない人だけど。

     

    淡々と、毎日を過ごしている人だけど。

     

    もうずっと前から父は言っている。

     

    早く死にたい、と。

     

     

     

     

     

     

    本人も、家族も苦しんだ。まだ、苦しみ続けている。

     

    本人の気持ちをないがしろにして幸せな未来はないと思う。

     

    どうか多くの発達障害・アスペルガーの方々とそのご家族が笑って過ごせますように。

     

     

     

     

     

    iPhone 関連ツイート

    モイ!iPhoneからキャス配信中 - https://t.co/EZywMFcPXY
    RT @gurikonoomake1: 渋谷の羽生選手西川ポスターをスマホで撮る場合、光量が足りなくてなかなか金色に光ってくれませんが、iPhoneの場合、フラッシュをONにした後右上の補正ボタンを押し「ビビット」モードにしたらかなり金色に近づきました?
    ←左ビビットモード。→…
    RT @bourbonne_campy: 昨日届いたiPhone X、おじさん顔面で登録したので、事務所で女装後に認証するかドキドキ実験!
    つけま上2下1、眉つぶしにどっさりアイラインにも負けず、無事にロック外れたー!そこいらの人間より見抜きやがるわ〜。ちょとくやしい。 htt…
    RT @FateGrandOrder: ガチャ引くときはアプリ課金の還元サービス使うとお得です。

    コンビニの還元セールとも併用できますので
    セイレムピックアップ召喚に兆戦する前に忘れずに!(PR)

    (※iPhone専用のサービスです)→https://t.co/t6NILS…
    -----
    | | 日記 | 03:04 | - | - |
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE